2/4(月)
昨日今日と'96年,'98年の写真を見返していたので、頭はその頃のことで満たされる。'98年の展示のプリントがなかなか出てこなくて、丸一日その作業をすることに決める。今まで手つかずだったプリントの山から不要なものを捨てていく。全て捨ててしまえという声がしたが、無視して意味のあるものは残す。袋2つ分のプリントを捨て最後の方にようやく捜していたものが見つかる。いざ見つかると記憶していたものより良くない。確かポジでも撮っていたはずだと大量のネガケースをあさる。こっちは整理してあったので、思いのほか早く見つかる。既に10年近く経つがきれいなポジが見つかった。 でも1日過去の写真と向き合うと、少し落ちる。いろんな事を思い出しているようだが、その先に行き着くとこは同じような所。対話でないから予想外の発展がない。まあいい、行くとこまで行ってしまえ。このタイミングを逃すと更に先延ばしすることになる。そんなことをずっとして、何枚かのCDを変え、少し変化していることに気付く。潜るとこまで潜った、いつのまにか底について浮上している。クラムボンを聞きながらそう思った。 上は最近更新した初個展 " SCRAPS " 1996 下はSCRAPS at graphic station 1998 90年代に行った展示はこれで全てアップしました。 残りは2000年~2005年分です。