2/5(土)
今日は夕方から小学校のクラス会。おおかた住まいが変わっているので二十年〜三十年ぶりに地元、東中野で再開。 久しぶりだし分かるかな?と思って行くが案外みんな変わっていない。十数名でテーブルを囲み、時間が経つにつれ小学校の時の役割のまま話が進む。 細かい事まで気遣うかつての男子、女子達を見て、この環境で小学校の2年間を過ごした事が、今の自分のある部分に影響しているなと酔った頭で感じていた。

岩津先生が当時の班ノートを持って来て下さり、30年ぶりに小6の自分の字と再開。恥ずかしすぎて読めなかったが、文の間に小さな絵が一つ書いてあった。「今日の図工でこれを作りました。」 一瞬で蘇り、月曜になって隣りの実家で探すと出て来た。1981年、小6の図工で作ったハガキ入れ。 当時は高価で履けないメーカーの靴を彫る。靴底が2色だとどんな履き心地なんだろうとカタログを見ていた12歳。箱の後ろにはBOLTの稲妻マーク。ザ80's 1981年(昭和56年)中野区立塔山小学校6年4組の卒業生で、連絡来なかったという方がいたらご一報下さい。
当時のクラスメート「石田千」さんとご一緒した仕事はこちら。

 

下は最近の仕事。大正大学の広報誌の表紙にイラストを描いています。