自転車に乗る時はコンパクトカメラで済ませている。ケースは神楽坂の「貞」で見つけた高木さんのポーチを愛用している。大正、昭和初期の生地を使いクッション性もある。ひとつひとつ柄が違うので在庫の全てを見比べる。ジッパーを開け中を覗くのが楽しみ。前に二つ買って、今日良いのがあったのでひとつ買う。 他にも魅力的な柄が沢山あったけど、良いものは独り占めすべきでないので宣伝します。値段も手頃です。

その高木さんが日曜日まで神楽坂のフラスコで展示をやっています。 前からどんな人がこのセンスの良いものを作っているんだろう、と気になっていたので今日お会いできて良かったです。 会場ではご主人の作るお米の試食もできます。これでおにぎり食べたらおいしいだろうなと、とりあえず3kg(自転車だったので)買ってきました。 日曜の夕方までお二人はいらっしゃるようなので、楽しいお話も聞けそうです。 他に柿渋のbagや半纏を使ったbagもあります。こちらに写真が出ています。


 
 10月21日(金)~23日(日) 12:00~19:00