「桑原甲子雄の写真」を見たかったというより、雨に濡れた緑を見ながら砧公園に行きたかった。 初めてこの場所に来たのは大学4年でセツに入った1990年。自分の中で色んな事が変化し、今へと繫がる最初の頃だった。 British Art Nowという展覧会で、Anish Kapoor と Antony Gormley 他を観て、現代美術は観る側に入り込める余地があり、 今まで絵画に感じていた窮屈さから自由になれた。そういうのがきっかけで翌年からアート系の本を扱う書店で働く事になる。 小雨も降っていたので、日曜なのに公園にはほとんど人がいない。歩き疲れていたがしばらく徘徊する。 そういう状態で自分の頭に何が浮かんで来るのか試したかった。